After Maintenance家具のケア方法

インテリアと永く付き合っていくために、必要なこと。


インテリアは、日頃からのこまめなお手入れがとても重要です。
素敵な家具を長く使い続けるために必要なケア方法を、素材別にご紹介致します。

家具のケア方法<
イメージ写真 イメージ写真

Wood

無垢の木は家具になっても生き続けています。月日が経つにつれ日焼けし、キズやシミが生じることもありますが、経年変化も”味”としてその成長を楽しんで頂ければと思います。


アイコン日ごろのお手入れ
拭き取りは柔らかい乾いた布を使用しましょう。
水気が残っているとシミになったり表面に割れが生じたりすることがあります。
汚れがひどい際は水分をしっかり切った布で拭いてもかまいませんが、再度乾拭きして家具に水気が残らないようにしましょう。
設置場所やお部屋の湿度管理に気をつけましょう。
乾燥は割れや反りが生じる原因となります。エアコンの吹き出し口の近くや直射日光が当たる場所は避けて設置し、加湿器を使用する等して乾燥を防ぎましょう。
また、高温多湿なお部屋でご使用になられるとカビやダニが発生しやすくなります。空調で温度・湿度の調整をするように心掛けましょう。
アイコンオイル仕上げのお手入れ
年に2回程度オイルを塗り直しましょう。
オイル仕上げは植物油分を主原料とした塗料を木に染み込ませた仕上げで、表面に塗装膜ができないため自然な風合いが楽しめます。
木の風合いを長く保つためには定期的なオイルの塗り直しが必要となります。柔らかい布にオイルの少量染み込ませてよく擦り込んだ後、別の乾いた布で余分なオイルを拭き取りましょう。
(※ご使用オイルについては、+CASAまたは最寄りのホームセンター等にご相談下さい。)
ちょっとしたシミやキズはサンドペーパーで綺麗にしましょう。
シミ汚れやキズの箇所を中心に、目のこまかいサンドペーパーで軽くなでるように磨きましょう。
木目に合わせて磨かないと傷がついてしまいますので気をつけてください。その後、上記の方法で削った部分にオイルを擦り込みましょう。
イメージ写真 イメージ写真

レザーLeather

天然素材の革は、化学的に合成された人工素材とは違い、”生きている”素材です。何もしないで放っておくと、色が褪せたり、ひび割れたりと、革本来の質感や風合いが損なわれてしまいますが、逆にお手入れひとつで自分だけの”味”を作ることができます。


アイコン日ごろのお手入れ
まずはじめに、プロテクションクリームを塗布しましょう。
購入後すぐに専用のプロテクションクリームを塗布することで、革の持ちはかなり変わります。
クリームで保護することによって、見えない薄膜が汚れやシミなどのトラブルから革を守ってくれます。さらに、革に必要な栄養も送り込んでくれるのです。
直射日光やストーブの側は避けて設置しましょう。
革は直射日光や熱に弱いのです。
直射日光を長時間浴びると、変色や変形の原因となってしまいますので、出来るだけ避けて設置し、どうしても当たる場合はカーテンやレースで日光を和らげるようにしましょう。
ソファーにかかったホコリはこまめに掃除しましょう。
革も呼吸しているので、ソファーにかかったホコリはこまめに取り除いてあげることが必要となります。
傷をつけないように掃除機でやさしく吸い取るか、糸くずの出ない「マイクロファイバークロス」で乾拭きするかしましょう。
強くこすると、汚れを毛穴の奥に押し込んでしまうことにもなるので気をつけましょう。(ヌバックやスエードなど、起毛のあるタイプの革の場合は、ブラッシングして、ホコリの除去を行いましょう。)
アイコン特別なお手入れ
年に2回程度専用のプロテクト剤を活用しましょう。
革も人の皮膚と同じで、毛穴に汚れが詰まった状態で放置していると、固くなってひび割れたり、トラブルの原因となります。
年に2回を目途に、特に汗を吸収しがちな夏は専用のクリーナーで毛穴の汚れを除去し、プロテクションクリームで栄養を補給してあげるようにしましょう。
+CASAでは「レザーマスター」という専用のお手入れキットを推奨しています。
イメージ写真 イメージ写真

ファブリックFabric

素材の中でも最も種類が豊富であるのが、ファブリック(生地)です。生地ならではの魅力である、暖かみのある雰囲気や優しい風合いを保つには、その種類に応じての扱い方を知ることが大切です。


アイコン日ごろのお手入れ
品質表示を確認しましょう。
生地についているタグには、1洗い方(水洗い)2塩素漂白の可否3アイロンの掛け方4ドライクリーニング5絞り方6干し方が記載されています。
品質表示の記号の意味を理解し、使用方法と注意事項を確認しておきましょう。
洗濯するときは、表示記号をしっかり守って行いましょう。
確認せずに行った場合、生地が縮んだり、よれてしまったりする可能性があります。
生地にかかったホコリやチリはこまめに掃除しましょう。
生地にはホコリやチリは付着しやすいものです。
ホコリを長時間放置すると細かな微粒子が繊維に絡み、摩耗しやすくなってしまいます。
ホコリは、定期的にブラッシングしながら表面を叩いたり、掃除機で吸い取って除去するように心掛けましょう。
アイコン特別なお手入れ
汚れた部分は専用のテキスタイルケアで綺麗にしましょう。
汚れがついてしまったときには、すぐに柔らかい綺麗な布で拭き取りましょう。
それでも染み込んでしまった場合は、専用のテキスタイルクリーナーのご使用をオススメします。
汚れを落としたあとにテキスタイルプロテクターをかけて、直接汚れをつけないようにしっかり保護しましょう。
+CASAでは「テキスタイルケアキット」という専用のお手入れキットを推奨しています。

お手入れ用品について


家具のお手入れに最適な、専用のケア用品をご紹介致します。